医療・介護専門求人サイト『Wメディカル』始めました。

皆さんこんにちは。

4月よりWメディカルという医療・介護専門求人サイトを販売することになりました。

このサイトは、今医療業界で流行りの人材紹介サイトではありません。

あくまでもオープンサイトで、他の総合求人サイトと同じしくみで、見た方が自分で応募するタイプです。

 

現在『看護師 求人』で検索するとほぼすべてが人材紹介になっていて、人材紹介会社が仲介にはいり、本人に変わって交渉したり、病院を紹介したりしています。そのため紹介会社が病院からもらう報酬額は看護師なら一人の年収の約30%と言われています。看護師の年収が仮に500万円とすれば、500✕0.3=150万円が紹介会社の報酬額で、看護師にはきちんと500万円給与として出しているので、看護師一人採用したら、年間650万円かかるということです。

 

もちろん紹介料は紹介会社によっても違いますし、働く本人は自分で交渉しないので、楽に転職ができるメリットがあります。

ただ、150万円支払って途中で退職したり、期待したほどではなかったとなれば話は別です。

 

オープンサイトは双方とも自分の意志で転職、採用を決めるので他人のせいにはできませんが、その分責任持って、しっかり活躍していただけると、お客様からも言われることが多いです。

 

勘違いしてほしくないのは、人材紹介が悪いかと言われたら悪くありません。そのシステムを考えた方は素晴らしい発明なんですが、それを放置?助長?させてきた政府が悪いんです。

 

病院も介護施設も高いお金を払って人材を確保しなければいけない時代になったし、国も放置してきたつけがきています。日本で採用できないなら海外からと政府は力を入れてますが、本来日本人が病院や介護施設で働きたい仕組みを作らなかったことに問題があります。ヨーロッパ、特に北欧での取り組みは色んな面で参考になるし、病院に行く人も、働く人も両方が幸せになったらいいですよね。

 

話がそれましたが、医療介護に特化したオープンサイトは数少ないですから、一度採用の担当者は見ていただきたいと思います。

 

特に人材確保が難しい業界なんですから、いろんな採用手段を身につけて、食わず嫌いは得することなしと思ったほうがいいと思います。

 

これからますます増え続ける高齢化社会。人生100年時代に対応できる医療介護でなければ自然淘汰されるのでしょうね。

それではまた。