人がいないと事業が成り立たない

皆さんこんにちは。

 

今日は人材が事業の柱というお話です。

どの企業も、人を採用して、教育し、貢献してもらっていると思います。

(フリーランスや個人事業を一人で行っている方以外)

その中でも人を動かすことの比率が高い業界があります。

人材派遣業や警備業、清掃業などがあげられると思います。他にもたくさんありますが。

上記業界は嫌でも人を集めなくてはなりません。なぜなら一人ではビジネスが成り立たないからです。

そのため、誤解を恐れずに言うならば、人を集めるためにどんどん好条件を出さなければならないということです。

入社祝い金や、高時給、資格取得制度、寮完備、日払い制度など、どんどん待遇を良くしなければ人は応募しません。

または、定年退職しても働きたい方を普通に採用し、動けなくなるまで使うということです。

本人も企業も双方が了解していれば何も問題ないんですけどね。

 

じゃあ何で定年退職ってあるんだろう?定年なんて既成概念を日本は取っ払っちゃえばいいのに。

そうすれば自分が動けなくなるまで安心して働けるのにね。

でも問題があって、昔の年功序列が残っているから、年配者の高収入企業が多いんだと思います。

若くても、企業に貢献した人を高収入にすれば、働き方がどんどん変わっていくんだと思いますが、そう簡単には行かない日本の道徳があるんだよね。

 

まず年功序列は会社へ長年にわたって貢献してきたこと。自分の後任、会社を成長させる人材を育ててきたことがとても評価されます。

誰もがはじめから何でもできるわけではないので、自分の技術、ノウハウを伝えることで、若い方が次の世代に伝えられるようになっています。

それが企業風土。それを放棄する人は会社に長くいられない。だから人材は企業の柱なんです。

 

時間通りに出社して、言われたことだけして、時間がきたら変える。一見当たり前だけど、そこに結果、効果、実績、思いやり、愛情が入っていなければ、

その人は柱どころかお荷物になってしまいます。

残念だけど、そういう方の給与は上がりません。

ぜひ会社の柱と言われる人材になってほしいと思いますし、それが企業を発展させていくんだと思います。

 

しかし、人は働きたくないんだよね。軽いお仕事したい人にもいい求人サイトはあります。

派遣会社にとっても良いサイトはこちら

関東のお仕事探しなら【工場ワークス】